(撮影レポート)撮って出しエンドロール

こんにちは、 持ち込みカメラマンとして結婚式の撮影を承っておりますKoKoRo Weddingです。
秋が近づいてとても過ごしやすくなってきました
朝晩は寒いくらいの日もありますので、皆様体調を崩さないようお気を付けくださいね。

さて、先日は持ち込みカメラマンとして舞浜での結婚式の撮影にお邪魔をさせて頂きましたのでご紹介をさせて頂きます。
今回は持ち込みエンドロール撮影に行って参りまして、印象的だったのが
ご新婦様のお父様はご住職様で、挙式中にお二人の幸せを願うように手を合わせる様子に親御様の愛情を感じるとともに、お父様の少し寂しい気持ちも伝わってきました。
それでは早速実際のエンドロールをご覧ください。

いかがでしたでしょうか、披露宴ではご友人様も加わって楽しい時間だったことが伝わったのではないでしょうか。
KoKoRo Weddingの撮影モットーでもある『心』を映し出すという意味では、手を合わせるお父様、お二人の元に集まるご友人様、お二人の幸せに感動し涙を流すご友人様。たくさんの素敵な『心』を撮影できました。

KoKoRo Weddingの持ち込みカメラマンは、決してテンプレート化されたような決まった流れでの撮影は致しません

なぜなら、テンプレート化された場所だけに集中して撮影してしまうと、 いつどこでどのタイミングで起きるか分からない素敵な『心』を見逃してしまうからです。

これから挙式のご予定のお二人も是非KoKoRo Weddingの持ち込みカメラマンをお呼びください。お二人の結婚式に集まってくれた祝福の『心』を撮影させて下さい。それでは是非お問い合わせお待ちしております。