(結婚式撮影の内容紹介)撮って出しエンドロール編

こんにちは、結婚式の持ち込み撮影を専門に承っておりますKoKoRo Weddingです
最近はまた夏が戻ってきたように暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

結婚式撮影の内容ご説明

今回は、結婚式の撮影の種類についてご説明をしたいと思います。
それではまず、どんな種類があるかをご紹介していきます。

・撮って出しエンドロール
・スナップ写真
・記録ビデオ
・ダイジェストビデオ

などが挙げられますが
実際どの撮影をお願いしたらいいか分からない、撮影の種類は何となくしか分からない。私たちがイメージしている撮影はどれをお願いしたらいいの?
こういった事を解決するべくご説明をしていこうと思います。
今回のこのブログではエンドロールについて詳しくご説明をしていこうと思います。

当日撮って出しエンドロールとは

当日の撮って出しエンドロールを簡単にご説明すると、さっきまでの映像が披露宴の結びに上映されるという
映像商品です。撮影した映像をその場で編集をして、その日に皆と共有しながら楽しめます。
結婚式撮影の中でも「撮って出しエンドロールだけは絶対お願いしたいよね」という新郎新婦様も多いくらい人気の映像プランとなっています。
実際にどんな映像の仕上がりになるのか、KoKoRo Weddingのエンドロールサンプルページをご覧ください。

撮って出しエンドロールの特徴

なんと言っても来てくれた列席者様に楽しんで頂けて、尚且つ新郎新婦様にとっての思い出の映像として残る一石二鳥の映像商品となっています。
さらにはエンドロールというくらいですので映像にロールを流すことも出来ます。そのロールには来てくださった方のお名前と感謝のメッセージを添える事も出来るのが大きな特徴です。
KoKoRo Weddingのエンドロールは一眼カメラを使って綺麗にオシャレに、そして見ている人の目を引き付けるような『心が動く』瞬間を逃さず撮影を致します。
もちろんKoKoRo Weddingのカメラマンは結婚式撮影の経験が豊富で、尚且つKoKoRo Weddingの規定をクリアした精鋭カメラマンクルーですので、ご安心ください。

撮って出しエンドロールの料金は高い?

なるべくシンプルにご説明を致します。撮って出しエンドロールの相場は式場専属で15~30万円程です。
これくらいの金額になってしまう理由としては大きく2点あります。

1つは式場側の利益(中間マージン)が含まれているから
2つ目はカメラマンと編集マン2人の人件費が掛かっていることが事がある

この2点の要因、KoKoRo Weddingは両方ともクリアしております。
結婚式の持ち込み撮影を承っているKoKoRo Weddingは中間マージンは一切発生しません
また、KoKoRo Weddingのカメラマンは撮影と編集両方を素早くこなす技術を持ったカメラマンしか在籍しておりませんので1人分の人件費しかかかっておりません。
ですので料金もお安く、オシャレで高品質なエンドロールを作っています。

まとめ

撮って出しエンドロールとは、当日の映像が披露宴の結びに上映され、ご列席者様と共有でき、感謝を伝えることのできる人気映像商品です。
相場は15~30万円前後ですが、KoKoRo Weddingでは半額以下に抑えながら高品質な映像をお届けできます。
是非皆様もKoKoRo Weddingで結婚式の持ち込みカメラマンをご検討くださいませ。また、さらにオープン記念として只今30%OFFキャンペーン中ですのでご活用下さいませ。
それではお問い合わせお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です